「小児歯科学 ベーシックテキスト」正誤表

この度は、上記書籍をご購入いただきまして、誠にありがとうございます。
以下の誤りがございましたので、ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます。

小児歯科学 ベーシックテキスト 内容
14 ページ
下から2行目
1週目までに出生時体重に回復することを生理的体重減少という。
7〜10日までに出生時体重に回復することを生理的体重減少という。
15ページ
下から3行目
また、新生児の胸囲は頭囲より1cmほど小さく32cmで、生後1か月で等しくなり、満1歳で45cmとなり、その後頭囲より徐々に大きくなる。
また、新生児の胸囲は頭囲より1cm ほど小さく32cm で、満1 歳で45cm となり、同じ大きさになる。その後頭囲より徐々に大きくなる。
15ページ
上から4行目
(1)歴年齢
(1)暦年齢
24ページ
下から7行目
恐怖の対象は、単純な音や光から(主観的恐怖2~3歳、増齢により減少)、より具体的なものへ変わっていき、4~5歳で想像上のもの(客観的恐怖、増齢により増加)の恐怖を感じるようになる。
恐怖の対象は、単純な音や光から(客観的恐怖2~3歳、増齢により減少)、より具体的なものへ変わっていき、4~5歳で想像上のもの(主観的恐怖、増齢により増加)の恐怖を感じるようになる。
66ページ
「表4-3 歯の成長期と形成障害」
66ページ 下から2行目
89ページ 下から5行目
91ページ 上から3行目
108ページ 上から4行目
386ページ 上から1行目
図21-5のタイトル
図21-7のタイトル
鎖骨頭蓋異骨症
鎖骨頭蓋骨異形成症(鎖骨頭蓋異骨症)
74 ページ
上から1行目
上から3行目
切歯結節(基底棘)
切歯結節(基底棘、棘突起)
88ページ「第5章1歯の萌出」に右の表を追加。追加
88ページ
上から3行目
人種差、固体差、性差、社会的環境などの影響により、3~4か月の差異は異常とは考えない。
人種差、個体差、性差、社会的環境などの影響により、3~4か月の差異は異常とは考えない。
91ページ
上から2行目
次いで犬歯、下顎第二小臼歯の順に多い。
次いで上顎犬歯、上顎中切歯、下顎第二小臼歯に多い。
121ページ
126ページ
下から9行目
第二象牙質の形成速度は永久歯より速く、形成量も多い。
第三象牙質の形成速度は永久歯より速く、形成量も多い。
219ページ
下から4行目
マージンはナイフエッジとし、歯肉縁と等高に形成する。
マージンはナイフエッジとし、歯肉縁と等高(〜縁下0.5mm)に形成する。
204ページ
「表12-3 各種歯冠修復法」
訂正